植物試験研究システム

​グロースキャビネット Hipointシリーズ

F1200

苗生産・栽培実験にも適した、大容量の植物育成キャビネット

​使用用途:

植物栽培・組織培養

昆虫飼育・発芽実験

種子や球根の保存・環境実験

特徴

●栽培光源に4種類のLEDをご用意。
●温度範囲 0~60℃ の幅広い温度に対応
●大容量 840L
●多機能なタッチパネル

●全背面送風方式による均一な温度分布性能

●3種類の運転パターン

①定置運転

②プログラムモード

③スケジュールモード

​パネルLEDによる上面照射

従来のグロースキャビネットは、側面からの光照射が主流でした。HiPointシリーズは薄型LEDによる上面照射を採用。植物の成長により、棚中心部の光量が減るという側面照射特有の問題を解決でき、フィールドに近い光環境が再現できます。

​多彩な運転パターン設定

運転パターン 

 ① 定値運転  

 ②プログラムモード(24hサイクルモード)

  24ステップ50パターンを設定可能です。  

  ※ランプモード(勾配制御)も設定できます

 

 ③スケジュールモード
  設定したプログラムから最大8つ を組み合わせて運転可能です。
  試験中に設定を途中で変えなくても春夏秋冬の条件が再現できます。
  ※スケジュールの終了後、定植運転への移行、電源OFFの2パターンを選択可能です。

LEDラインナップ

専用のLEDのユニットは、UVからIRまで最大9種類のLEDを組み合わせる事が可能です。波長ごとに調光もでき、   あらゆる光環境の再現が可能になりました。

LED光分布図

ランプ下150mm

​LEDパネル写真

設置や操作がしやすいLEDパネルです。

​製品仕様

あくまでも標準的な施設での使用例です。詳細についてはお問い合わせください。

※発熱負荷対応により光量子の仕様が変更になっています。

アグリ事業部
〒530-8550 大阪市北区天神橋3-5-6
TEL : 06-6358-4855   FAX : 06-6358-4856