コンテナ式のアクアポニックス装置

駐車場の空きスペースにコンテナ式のアクアポニックス装置を設置しました。
栽培エリアは、左右2棚設置。栽培棚の下に飼育を設け、野菜の栽培と魚の飼育を同時に行うことが可能です。アクアポニックスは、魚の餌の食べ残しや排せつ物を野菜が栄養源として吸収する循環型の栽培方法です。

​ユーザー

エリア

​納入年

製品

A社

大阪

2021

コンテナ式アクアポニックス(20フィート・前室付タイプ)

​用途

レタスやハーブなどの野菜生産、魚の飼育など

製品仕様

外寸

W2,438×L6,038×H2,590mm

温度

18~20℃

野菜栽培棚

4段 2棚

飼育水槽

210リットル 2基