乾燥地問題の解決に向けた植物研究設備

乾燥地植物気候変動応答実験設備は、高温、低湿、強光、強風など乾燥地の気候を再現することが可能。植物への潅水や水分変化量の計測が自動的にできるとともに、光の再現にはLEDを活用することで大幅な省エネを実現しています。

​ユーザー

エリア

​納入年

製品

鳥取大学 乾燥地研究センター

鳥取

2016

グロースチャンバー

​用途

共同利用研究施設 ムギ、稲等穀物の栽培・分析

製品仕様

TGH-4-2ST

温度

5~50℃

湿度

5~90%RH

光量子

0~1500 μmol/㎡・s

炭酸ガス

大気濃度~2000ppm

内寸法

W1,800 D1,800 H2,500mm

アグリ事業部
〒530-8550 大阪市北区天神橋3-5-6
TEL : 06-6358-4855   FAX : 06-6358-4856