温度・湿度・CO2監視 at 植物工場

弊社堺ラボの植物工場ではサーモレコーダーTHCO2を用いて温度・湿度・CO2の監視を行っています。

堺ラボ植物工場内のTHCO2


サーモレコーダー THCO2

THCO2はUSBでデータを吸い上げるタイプのサーモレコーダー。

1台で温度・湿度・CO2の測定・記録が可能です。

堺ラボでは記録間隔を1時間とし、月に1回データを吸い上げるようにしています。


”試験栽培をしていて、環境測定データが欲しい”

”エアコン制御やCO2制御で一定には保っているものの、実際の環境の推移を見たい”


という場合におすすめです!


堺ラボ植物工場の様子

             堺ラボ 植物工場(レタス栽培)


サーモレコーダーは自動でグラフ化してくれるのでとっても便利!

記録データの推移は指定の間隔で拡大・縮小できるので、気になるポイントに注目することができます。



               8月下旬から10月上旬の環境推移



               10月2日から10月4日拡大



レタスの成長と比較するときは、COV形式で出力し、EXCELで編集しています。



環境測定は必要?

植物は温度・湿度・CO2にとても敏感です。

最適な環境であれば光合成が盛んにおこなわれ、

足りないものがあれば成長が遅くなったり、弱ってしまうこともあります。


植物工場の環境は、制御をしているので比較的安定していますが、

制御方法によっては冷暖房の切替や、季節によって温度湿度が変化することがあります。

また、環境監視していると、エアコンやCO2制御の不具合の早期発見にもつながります。


point

安定した植物生産をするには、室内環境の変化を知ることが大切!

成長が遅くなったとき、環境に変化はないか生育がよかった過去のデータと比較することができます。


                THCO2 詳細はこちら  


以上、堺ラボから環境監視についてでした!




60回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示