Hipointグロースキャビネットで真菌培養

更新日:3月23日


Hipointシリーズ グロースキャビネットFH400は植物の組織培養に最適なスリムタイプです。(湿度制御オプション付き)

  

 

台湾 国立自然科学博物館では、肉眼では見えない空気中の胞子やカビ、身近に潜む菌類の培養。FH400は温度・湿度制御ができるため、安定した培養が可能です。

また、LED光源も各棚についているため、4段での培養を同時に行うことができます。



温暖湿潤な気候の台湾の環境は、多くの菌類が生息し、食べ物にも多く利用されています。




期間限定の特別展では菌類の世界にフォーカス。映像、写真、本物の食べ物などを通して、身近な菌類のコロニー形態を展示、メカニズムを説明されています。 博物館ではどのように菌類を発見し、保存しているのか? 菌類の生物多様性の研究とは?


台湾 国立自然科学博物館 特別展 真菌の世界は こちら >





【製品ページ】


グロースキャビネット F400

植物組織培養に最適なスリムタイプのグロースキャビネット!LEDZ190(白色)を標準搭載。タッチパネルで0~100%で調光可能。全4段すべてに...   



             詳細をみる






閲覧数:55回0件のコメント

最新記事

すべて表示