top of page

ベビーリーフができるまで

更新日:2023年3月30日

今回は、ベビーリーフの栽培についてご紹介いたします。



ベビーリーフは、レタスやミズナ、コマツナなどの葉物野菜を

葉が小さく柔らかい状態で収穫します。


植物工場ではレタスを栽培することが多いですが、

栽培日数や成長にともない スペースの確保が必要になることから、

短期間・省スペースで収穫できるベビーリーフも人気があります。


また、大きくなると生で食べるには苦みが強くなる野菜も、

ベビーリーフならサラダにして美味しく頂けます♪




種まきから収穫まで

種まき

水を含ませたウレタンに野菜の種をセットします。

芽が出るまで水が乾かないようにたっぷりと水を与えます。



発芽

芽が出てきました。

光をあてて、このままもう少し大きくします。




植えつけ

本葉が出始めたころに、水耕栽培用のパネルに1つずつ植えつけます。

パネルの下には肥料の溶けた水があるので、根から養分を吸収してぐんぐん大きくなります。


    レタス            ミズナ         コマツナ 




収穫

葉の大きさが10~15cmくらいになったころに収穫します。

栽培環境にもよりますが、種まきからおよそ3~4週間で収穫しています。


   レタス            ミズナ         コマツナ



パック詰め

和泉ラボで育てはベビーリーフは日替わりで5種類ほど混ぜ

「ベジミックス」として販売しています。

いろんな食感や風味を楽しめるベビリーフミックスです。







食べやすくて美味しいとリピートしてくださる方もいます。

育てた野菜を気に入っていただけて嬉しい限りです(^^)


植物工場・水耕栽培設備も取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。 

閲覧数:147回0件のコメント

Comments


bottom of page