超音波授粉装置「ぶるぶるくん」レビュー

超音波授粉装置 「ぶるぶるくん」

使えるの?時間はかかる? 気になる使用感についてインタビューしたのでご紹介します。





使用方法は?

操作は簡単。コントロール部で電源をONにしたら、周波数を調整して

イチゴの花にあてるだけです。

電源を入れると、超音波で本体から30~40㎝先のポイントが振動します。





複数のイチゴの花を同時に授粉できる?

できないです。「ぶるぶるくん」の電源を入れると緑色のレーザーが表示されるのですが、

その「×」の真ん中が振動するので、1つ1つ授粉します。


授粉するのに時間はかかる?

焦点距離をつかむのに少しコツがいるかもしれません。

慣れると簡単で1つにつき5秒くらいでいいと思います。イチゴの花がぶるぶる振るえますよ。



本体から30~40cm先に手をかざすと、ぶるぶるっと振動するのが感じられるので、

距離をつかんでから授粉を始めて見てください。


葉の後ろにあるイチゴの花は授粉できる?

障害物があるとうまく振動しないので、

イチゴの花を軽くつかんで「ぶるぶるくん」をあてるのが確実です。


出来上がったイチゴはどう?


刷毛で授粉させると、少しぼこぼこになることがあるのですが、ぶるぶるくんでは結構きれいな形になります。いいかもしれません。





おすすめの人は?

小さいハウスでの栽培や、植物工場などハチをはじめとした虫が使えない施設で栽培されている方におすすめです。

刷毛で授粉する代わりとして「ぶるぶるくん」がいいかもしれません。

1つ1つの花にかざしていくので、大きなハウスだと大変そうです。



以上、「ぶるぶるくん」インタビューでした。

※個人の感想ですので、ご参考にまでに。



閲覧数:96回0件のコメント

最新記事

すべて表示