フィールド養液栽培装置 簡単設置

ガラス温室やビニールハウスでミズナやコマツナ、キュウリなど様々な作物をフィールド養液栽培装置で栽培してただいています!

フィールド養液栽培は電気を使用せず、排水を出さないエコな養液栽培システムです。




簡単組立

架台の上に発砲スチロールベッドを置き、シート培地をいれるだけでOK!

組立方法をご紹介します。


※写真は葉菜類用のベッド設置例です。


架台・ベッドを設置

ベッドを設置する台を組み立てます。


高さのある架台にすることで、かがむ必要がなくなり栽培作業がらくらく!






続いて、架台の上にベッドを敷き詰めます。溝の加工が施された発砲スチロール製のベッドです。


ベッドの長さは最長20~30mとなります。





シートをセット


ベッドの上に水耕シートを敷きます。

中央に溝に養液が溜まる水路を作ります。





次に、水耕シートの上に押さえ板をセットします。


左右2枚で1組です。







押さえ板の上に給水シートをセットします。

給水シートを左右の押さえ板の間にできた溝にセットすることで、水路の養液を吸い上げることができます。


給水シートの上に防根シートをセットします。(根が給水シートに入らないようにするため)






培地を入れる


防根シートが敷き終われば、培地をセットして平らにならします。


培地はパミスサンドを使用しています。







養液タンク設置


養液の肥料濃度はタンクで管理することができます。






ボールタップ設置、水量を調節


養液タンクの養液は、ベッド末端の

プール部へ溜め水量の調節を行います。




フィールド養液栽培の完成です!



栽培例





【製品ページ】


フィールド養液栽培装置

電気を使用せず廃液を出さない、ローコスト・環境保全型の養液栽培システム。既設のビニールハウスから、低コスト耐候性ハウスなど、設備規模に合わせて最適な提案・設計をサポートします。   

             詳細をみる


閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示